恋の心理学/恋の診断/恋の真理

タローさんのタイプはタイプ4【個人主義者】です。

-性格のポジティブな面-

情緒豊か、やさしい、繊細、想像力がある。



タイプ4の男性は美しく洗練されたものを好み、優雅で品がよくやさしいところがあります。よい趣味をもち、絵画や音楽、文学など芸術的なものを愛好する傾向が強く、そういったものに触れていなければ、人生は無味乾燥と感じます。自分の内面にある感情を味わい、自分なりの仕方で内面から湧き上がるものを表現しようとする人です。

世の中の通俗的な価値観や道徳観念に縛られず、自由な想像力を働かせ、自分が感じたことを自分なりの仕方で表現することができまます。しばしばそれが他人の心を打つものとなり、クリエイティブな能力や芸術家的な才能を発揮する人もいます。季節の移り変わりや自然の美しさに敏感に反応し、何気ない日常のなかにも美と感動を見出すことのできる人です。人生の機微や人の心の弱さを理解し、傷ついた人や苦しみを抱えた人に、共感的に寄り添うことができます。

※タイプ4の男性は、自分の人生はまだ始まっていないといった感覚があり、いまの自分は世を忍ぶ借りの姿と思い込んでいることがあります。いつまでも思春期のような自我を持ち続けている人です。


-性格のネガティブな面-

気まぐれ、気分屋、自意識過剰


タイプ4の男性は情緒が安定せず、そのときどきの気分や感情に流されやい傾向があります。そのため、周りからは気分屋と見なされていることでしょう。他人や物事を感情的な好き嫌いで判断しています。モノの見方が主観的になりがちです。自分の感性に合わないものは全否定し、感性に合うものだけを受け入れ、評価するようなところがあります。

自分は他の人とは違う、特別な人間だという意識があり、ことさら人と違ったファッションや行動をとることがあります。気位が高く気取っていて、周囲の人を平凡で個性に乏しい俗物と見なす傾向があります。その一方、自分にない才能や個性をもっている人に対しては妬みの感情を抱き、その相手が友人なら絶交に至るでしょう。しかし、一番苦しむのは自分です。抑うつ的な気分になりやすく、暗く自分のなかに引きこもることもありますが、自分の感情の赴くままに行動し、大げさに感動して見せたり、嘆いてみたり、芝居がかった態度を取ることもあります。自意識過剰で自己陶酔的になりやすい面も。


-女性からの見え-

趣味がいい、繊細、傷つきやすそう、気難しい、ひとりよがり、気分屋、あてにならない。やさしそうだけど自分のことしか考えていない。気取っている。



-あなたの恋愛傾向-

空想の中で相手を理想化する


好きになった相手を理想化する傾向があります。誰かを好きになれば、その相手を空想のなかで理想の恋人に仕立て上げ、思いを募らせていくでしょう。実際に付き合うと、理想と違うところが目につき始め、「きみはそんな人じゃないはず」「きみがそんな人だとは思わなかった」と、リアルな恋人を受け入れるより、勝手に理想化した恋人像に合わないことで失望するかもしれません。現実の相手に幻滅を感じたり、会っているときは退屈に感じるのに、別れたあとや会えない時間には再び、空想のなかでその相手のことを思い、恋の気分に浸れるでしょう。うまくいっている付き合いでも、会っている時間よりも会っていない時間のほうが想像力が膨らみ、恋愛感情が高まりそうです。

付き合っている相手と自分との関係は、その辺の月並みなカップルのような関係とは違う、二人は特別な関係だと思いがちで、相手を選ぶのに最初から、何か事情を抱えている人、メンタル面で不安定な人や、訳ありの女性と好んで付き合うことがありえます。激しい感情を味わいたくて、交際相手の前で芝居がかった行動をとることもあるでしょう。ことさら、悩んでいる自分を相手に見せ、ため息をつきながら自虐に浸ってみたり、夜遅くに彼女に電話やメールを送ったり、「いまから会いたい」などと言い出しかねません。

あなたにとっては、実った恋よりも実らなかった恋のほうが真実味があり、初めから手に入れられそうにない相手を求め、友人の恋人や夫のいる女性、結ばれる可能性のない相手に恋心を抱くこともありえます。

-恋愛成就のためのアドバイス‐

気まぐれな行動は慎み、約束を守れる人になろう


好きな人と付き合うときは、気分次第で行動せず、約束の時間や場所はきちんと決めて、守るようにしましょう。それがまず第一。自分の気分をうまくコントロールしていくことが必要でしょう。自分のことを理解してほしいという気持ちから、自分が感じていることや自分の趣味について、相手に話すのはいいけれど、ともすると自分はこんなにいい趣味を持っているという一方的な押し付けになりがちです。相手がどんな趣味を持ち、どんなものを大事にしているかにまで思いが至らないことが多いのです。「自分のことを理解してほしい」という気持ちがあるなら、「理解されたい」思いを押し付けるだけではなく、相手を理解しようと努めることも必要でしょう。

デートをするなら、約束の日程や時間、場所を前もってきちんと決め、その予定をきちんと守るようにしましょう。漠然とした決め方、その日その時の気分で決めようという態度は、相手に当てにならない人と思われることになります。自分では気づきにくいのですが、タイプ4は気分の浮き沈みが大きく、そのときどきの気分をまき散らすことで、相手を感情的に振り回すことがあります。また、自分だけが傷ついたり、落ち込んだりしているように思い込み、自己憐憫に陥りやすいところがあります。それが相手に愛想をつかされる原因になりかねません。

自分自身の感情をコントロールし、相手に自分の機嫌をとらせようとするのではなく、むしろ相手が気持ちよくいられるように気を使ってあげましょう。タイプ4の愛の資質はバランスのとれた感情と結びついています。うちに豊かな感情を秘めた心は、愛の繊細さを感じとり、自ら愛することの喜びと、愛されることのすばらしさを知っています。


-もしあなたが結婚したら‐

 

タイプ4の男女は自分は結婚向きではないと思いながら、案外若くして結婚することがあります。しかし、結婚していながら、結婚には束縛されない自由な人間だというふりを(おそらく無意識のうちに)します。独身者のような言動をするので、周りの人に「独身かと思ってた」と言わせることになるのです。感情をうまくコントロールしていければ、パートナーとは互いに良い趣味を持ち、潤いのある生活を送ることができるでしょう。


 

次に、気になるカノジョのタイプを診断します。
カノジョのお名前は?
さん
最新の心理テスト
最新のストーリー