恋の心理学/恋の診断/恋の真理

img01

出会いがない。どうしたらいい?

恋人がほしい、結婚相手をみつけたい。でも、出会いがないという女性は多いです。働いている職場が女性ばかりの職場だったり、男性はいても既婚者かおじさんばかりの会社だったり。

そこで、婚活パーティーに行ってみても、なんだかぱっとしない。婚活パーティーでは意外と知り合えないという話もよく効きます。恋人探し・結婚相手を見つけることだけが目的で出会った人とは、ときめかないということでしょう。トキメキを求めるなら、何度も婚活パーティに参加するより、一人で旅行に出た方がいいでしょう。旅先での出会いって案外多いものです。もっとも、海外旅行などはそれなりに危険が伴うことがありますから、現地の事情に詳しい人に案内してもらうなど注意しましょう。

インターネット上の出会いはあり?

さて、余談が長くなりましたが、web上のサイトから出会いを探すというのはどう?という話です。最近、そういうサイトで知り合って付き合い始めたとか、結婚したカップルがいるという話を時々耳にするようになりました。その一方で、本名もわからない人が登録しているサイトって危険なんじゃないという人も多いですね。これは使い方次第かと思われます。利用するなら注意深く行いましょう。

男性は登録料が発生し、女性は無料というのが一般的。ハンドルネームで登録して、年齢の近い人とメールでやりとりをします。あまりリアルでない顔写真を登録しておけば、閲覧される回数も多くなるでしょう。個人情報が漏れないよう、ネット上でプライバシーを照会できるような顔写真やプロフィールは載せないようにしましょう。

男性からメールが来たら、しばらくメールのやりとりをするといいでしょう。あなたからこれはと思う相手にメールを送ってみてもいいですね。メールのやり取りから、少しは相手がどういう人か見えてきます。直接会うことを急ぐ人はやめた方がいいでしょう。メールでのやり取りがきちんとできな人は、直接会ってもあまりうまくコミュニケーションできない人が多いです。

ただ、メールではとても思い遣りがあり、いい感じの人に思えても、女性とのやり取りになれている人や何らか下心のある人である場合もあるので油断は禁物です。お互い、メールのやり取りが続かない相手はもうそこで終わりです。


既読スルーの相手はこちらもスルーするべし

この人ともうちょっとやり取りを続け、実際に会ってみたいと思ったら、LINEのアドレスを交換するなどして、こういうサイトを経由しなくても連絡できることを望むようになります。

じつは、ここからが悩みのタネになることが多いのです。LINEの返事がこない、既読スルーされた、既読にならないなど。

一度も会ったことのない人なら、それは脈がないということなので、後追いしない方がいいでしょう。サイトで知り合った相手はその程度というふうに見なされているとも言えます。しかし、それはお互い様。

ともかく、まだ一度も会ったことのない相手であれば、何度かLINEのやりとりがあり、盛り上がったとしても、その後の既読スルーや既読にならないは、その先の進展が見込めないのでブロックしてさっさと忘れましょう。

メールの交換だけではなく、じっさいに会った後に向こうから連絡が来なくなった、LINEがつながらない、既読スルー、未読が続くようだと、これもあきらめた方がいいですね。未婚・既婚の男性たちに聞いてみたところ、会ってその後も付き合いたいと思えば、既読スルーはしないし、未読ということもありえないという人がほとんどです。仮に知らずにブロックや非表示になっていたとか、携帯の機種替えをしたとしても、その時には必ず連絡がくるはずですから、相手からの反応がない場合は、未練を持たず、ここで終わりにしましょう。


最新のstory