恋の心理学/恋の診断/恋の真理

img01

タイプ7:楽天的な人:<このタイプの求める愛>

”楽しくなければ恋ではない”といったところがあります。相手のタイプについてのより好みはそれほどなく、知り合った異性で一緒にいて楽しいと感じる相手を、ボーイフレンド、ガールフレンドに選びます。そのため、遊びの恋が多くなりがちで、軽い気持ちで同時に、複数のボーイフレンドやガールフレンドと付き合うこともあります。
恋に陥ると、ますます活動過多になり、ふたりの関係についてじっくり真剣に話し合うような時間は持たず、ひたすら、ふたりで一緒に何かを楽しむことににエネルギーを傾けます。相手が何か問題を抱えていたり、落ち込んでいるようなときはあまり近づきたがりません。

<愛に対する思い込み>

恋をすれば幸せになれると信じています。その幸せは相手が与えてくれるものであり、与えてくれなければ別の相手を求めようとするでしょう。そうして、次々と恋の相手を取り替えていく場合があります。自分は素敵だと思っているので、異性の方が自分に近づいてくると思い込んでいますが、じっさいは自分が異性の気をひくそぶりをしていることが多いのです。

<恋のパッション>

恋においても欲張りです。「愛は奪うもの」と感じており、相手に何かを与えることよりも、相手から奪うことに必死です。自分は愛されるのが当たり前と思っているので、いつも自分に注目してくれ、ちやほやしてくれるような相手と付き合おうとします。恋をすれば幸せになれると信じ、つねに新しい体験と刺激と興奮を求めています。

<付き合いが長くなると>

ステデイな恋人がいても、ほかの異性に目移りしたり、浮気とまではいかなくても他の異性と気軽に遊びにいったりすることがあります。また、ひとりの人と付き合っている間、その交際が楽しいものであれば何の問題もありませんが、何か「楽しくない」と感じることがあれば、相手との付き合いそのものが嫌になります。ひとりの人に執着しないので、別れてもすぐまた次の恋人が見つかります。

<結婚すると>

結婚しても独身時代と同じような自由が欲しく、パートナーや家庭に縛られず、いろんなことを楽しもうとします。パートナーや子供と一緒に、レジャーや遊びを楽しむことができれば、明るい家庭を営んでいけるでしょう。結婚そのものを束縛と感じ、他に楽しみを求め始めると結婚生活は危機に瀕するかもしれません。自分が我慢をすると、「我慢をさせられている」とパートナーのせいにし、パートナーのもとから逃げ出すこともありえます。





あなたのタイプがわかる! 彼のタイプがわかる!
ふたりの相性がわかる!⇒恋の相性診断 KOISHINRI

気になる彼との相性 診断してみませんか?




最新のstory